むらまつ社労士事務所 /  創業支援

会社を設立し、従業員を初めて雇い入れるときは、想像以上にたくさんの手続きが必要です。
これらの手続きは、慣れていないと大変な手間と時間がかかります。
また、従業員との雇用契約の内容等は、労働法を理解した上で作成しないと、あとで大きなトラブルを招くことも。
労働保険・社会保険の加入手続きから雇用契約書、36協定の作成まで、煩雑な手続きは当事務所にすべてお任せいただくことで、社長様は安心して本業に専念できます。

① 労働保険、社会保険への加入が必要となります
・適用事業報告(労働基準監督署)
・保険関係成立届(労働基準監督署)
・労働保険概算保険料申告書(労働基準監督署)
・雇用保険適用事業所設置届(ハローワーク)
・雇用保険被保険者資格取得届(ハローワーク)
・新規適用届(年金事務所)
・健保厚年 被保険者資格取得届(年金事務所)
・健康保険 被扶養者異動届(年金事務所)

②トラブル回避の為にも従業員と雇用契約書を締結する必要があります
・雇用契約書(労働条件通知書)の作成
 貴社に最も有効な就業形態を考慮の上、労働法に適合した雇用契約書を作成いたします。

③残業させるためには従業員と協定を締結し、行政に届出る必要があります。
・36協定の作成・締結・届出
 時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定)を作成し、従業員代表と協定を締結、労働基準監督署に届出ます。


創業支援サポートパック

     労働保険パック  社会保険パック  フルパック
従業員
1~9人   30,000   50,000   70,000
10~19人  60,000   80,000  130,000
20人以上  ご相談      ご相談     ご相談 

プラスα

創業時にもらえるはずの助成金も受給要件を満たしていても、申請しなければ助成金は一切もらえません!助成金に関するご相談や申請手続きは当事務所におまかせ下さい。
 ただいま助成金無料診断実施中!(申請手続き等は別途料金)

受給資格者創業支援助成金
中小企業基盤人材確保助成金


創業支援.jpg